坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

ヘルニアの原因

椎間板の老化は意外と早くて10代後半をピークとして、だんだんと

 

水分が減って弾力性を失いはじめるといわれています。

 

筋肉ならば鍛えれば労苦をある程度食い止めることも出来ますが、

 

椎間板は鍛えようがありません。

 

普段の生活で椎間板を意識する事は出来ませんが、椎間板は

 

とてもデリケートな場所です。

 

 

何もしなくても立って居るだけで腰には全体重の60%の重量がかかります。

 

 

それを、飛び上がる、走る、曲げる。伸ばす等、体重の何倍もの負担をかけて生活してます。

 

若い時などに自分の健康を過信して無理を続けた事が椎間板に大きな負担をかけてしまいます。

 

人の身長が20代をピークにして、年とともに低くなっていくのも、この椎間板の脱水現象がおもな原因

 

と言われてます。

 

椎間板の脱水現象の進行は椎間板ヘルニアにも大きく影響します。

 

弾力性を失った椎間板が、ある時のほんのちょっとした動作による衝撃や圧迫にたえられず、

 

髄核が突出したり脱出しやすくなってしまう。

 

その髄核の突出や脱出が椎間板ヘルニアです。

 

椎間板ヘルニアは決して特殊な病変ではなく普段の日常生活に内在する病気だと認識して

 

生活してください。

 

加齢による椎間板の老化だけでなく、偏食や過度のダイエットなどによるカルシウム不足が、

 

骨粗しょう症や骨の変形を引き起こし、少しの衝撃で骨が欠けて椎間板をつぶしてしまう

 

ことがあります。

 

以上の事からヘルニアの原因は。

 

 

加齢による水分や弾力性の消失。

 

健康の過信による無理な生活。

 

過激なダイエットにより骨の崩壊。

 

 

等があげられます。

 

 

 


痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。