坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

ヘルニア以外の原因による坐骨神経痛

ヘルニア以外で坐骨神経痛と因果関係が深いと思われる病気。

 

化膿性脊椎症

 

変性すべり症

 

脊椎分離症

 

梨状筋症候群

 

脊椎腫瘍

 

などがあります。

化膿性脊椎症(化膿性脊椎炎)

脊椎に細菌侵入し発症する病気です。

 

細菌が遠方の部位から血液やリンパ液を介して運ばれたり、隣接する臓器の感染から発症します。

 

原因菌は、黄色ブドウ球菌や緑膿菌(りょくのうきん)などです。

 

注射器やカテーテルなどからの感染や、糖尿病の患者さん等からの発症が見られます。

 

変性すべり症

正常な状態なら、推体と言われる背骨は背中の自然な湾曲に添って規則正しく積み重ねられてます。

 

それが、何等かの理由で支えが弱くなり、推体が前あるいは後ろにすべる症状です。

 

そのすべり度合が大きくなり、神経が刺激や圧迫されて発症します。

 

特に第4腰椎、第5腰椎がすべりやすく坐骨神経が左右の足に枝分かれしている場所です。

脊椎分離症

脊椎の第4腰椎と第5腰椎が主に発症部位です。

 

腰椎の湾曲した部分が分離した病気です。

 

比較的若い世代で激しいスポーツを行った人に多くみられ、疲労骨折と考えられてます。

 

骨折した事により痛みも出ますが腰椎の連結が不安定になり、周辺の靭帯や筋肉に負担がかかります。

 

そもままにしておくと、靭帯や筋肉が支えきれなくなり、脊椎すべり症やヘルニアに移行する事もあります。

梨状筋症候群

梨状筋は、臀部の尾骨の上の仙骨と大腿骨をつなぐ筋です。

 

坐骨神経は通常梨状筋の下を通っていますが、約20%の方が梨状筋の中を坐骨神経痛が通ってます。

 

梨状筋による狭窄や圧迫、または炎症が原因で坐骨神経に傷害が起きて生ずる病気です。

 

 

私の場合も最初に行った整形外科で梨状筋症候群と診断されました。

 

それは一般的に梨状筋症候群の場合、腰痛はなく、横すわりで体重をかけた時や臀部の中に

 

痛みが生ずる事が多いためで、私の症状もその時はまだ腰痛を発症していなかったので、

 

上記のような診断になったのだと思われます。

 

その後、他の病院でMRIを撮って正確に椎間板ヘルニアと診断されました。

 

椎間板ヘルニアと梨状筋症候群では症状は似ていても原因部位が違うため、治療方針も

 

違ってしまいます。

 

治療の第一歩は正確な診断です。

 

 

脊椎腫瘍

脊椎腫瘍は脊椎骨に発生した腫瘍です。

 

発生頻度は10万人あたり1〜2人で、脳腫瘍の1/5〜1/10程度と比較的珍しい病気です。

 

その中にも原発性と転移性があり、原発性には良性の腫瘍と悪性の腫瘍があります。

 

転移性のものは他の臓器の悪性腫瘍からの転移なので100%癌です。

 

通常原発性の腫瘍の発育はゆっくりであるため、腫瘍が発見された時にはかなり大きくなっている場合

 

が多いです。

 

高齢になってからの突然のぎっくり腰などは、安易な判断をせず画像診断設備のある病院での診断を

 

お勧めします。

 

転移性の腫瘍は進行が早くしかも通常は原発巣にがんが残存しているため、手術しても病気を完治

 

することは難しくなります。

 

手術により脊椎の圧迫からの痛みを取り除き生活の質(QOL)を保つことが目的になります。

 

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。