坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

坐骨神経痛とヘルニアの関係

坐骨神経痛の場合、しばしば「ヘルニア原因説」が言われます。

 

ヘルニアとは、何かが飛び出した状態のことを言いいます。

 

坐骨神経痛の犯人とされてるのが、腰椎椎間板ヘルニアです。

 

椎間板は一般に背骨と言われてる脊椎と脊椎の間のクッションの役割

 

をしてます。

 

何らかの原因で、そのクッションが飛び出した状態を椎間板ヘルニアと

 

言います。

 

そのヘルニアが坐骨神経を圧迫して痛みを生じると言われてます。

 

ただ、最近のMRIの画像診断からヘルニアなどの変性所見が有る方でも痛みを訴えない方が

 

多数居ることが確認されてます。

 

さらに経過観察によると、時間の経過でヘルニアは縮小・消失していくことがわかって来ました。

 

 

みなさん、巷でよく言われてる神経を圧迫したから痛みを感じる。

 

この意味をよく考えてみてください。

 

何か変だと思いませんか?

 

 

痛みを感じるのは末梢神経にある「ポリモーダル侵害受容器」と言われる部位だけで神経根には

 

ありません。

 

 

そうなると、神経を圧迫されたら痺れや麻痺が起きるのが自然ではありませんか?

 

ヘルニア=坐骨神経痛の原因。

 

 

最近の研究から明確な因果関係を証明出来ないとされております。

 

 

ただ、ヘルニアの除去手術等により、痛みから解放された方も多く居るのも現実です。

 

このように痛みの真の原因は諸説いろいろあり坐骨神経痛とヘルニアの関係は明確には分かってない

 

のが現状です。

 

 

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。