坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

腸の素晴らしさ知ってますか?

最近にわかに腸の素晴らしい機能が話題になってるのを
御存知ですか?

 

腸は第二の脳とも心臓とも言われてます。

 

幸せ物質と言われるセロトニンは腸で作られていたり
最近の研究では腸は独自の神経系を持っているらしく
脳からの指令を待たなくても自律的な機能を行うらしいです。

 

さらには、腸の方から脳に信号を送っている事さえ分かって来ました。
摂取した食べ物の種類によりドーパミンやセロトニンの
放出が変わるそうです。

 

また、免疫機能も腸から作られています。

 

このような事から、腸の健康が身体の健康に直結していると言われてます。

 

鬱病の原因も腸の不調から引き起こされていると考えられます。

 

皆さん、人はストレスを受けた時に、最初は何処に症状が現れると思いますか?
ストレス胃と言われる胃痛で有ったり、下痢や便秘の症状として
現れると思います。

 

今までの考えであえば、胃痛も下痢や便秘も一過性のストレスと
思われてました。

 

でも、最近の研究による腸の機能を鑑みると、腸の不調は脳に伝わっている
事が分かります。

 

ストレスを感じて腸が不調になり、その信号が脳に伝わり
脳内麻薬のドーパミンや幸せ物質のセロトニンの放出が抑制されて
しまったら、脳は益々ストレスに晒され、徐々に壊れて行きます。

 

その結果、鬱病のような負のスパイラルが出てしまいます。

 

じゃ〜どうすれば良いか?

 

簡単です。
腸内環境を整えれば良いのです。

 

じゃ〜どうやって整えるの?

 

私のお勧めはキトサンです。

 

何だ唐突に、と思われるかもしれませんが?

 

この話も坐骨神経痛から来てます。

 

坐骨神経痛で動けなくなると、腸の活動も停滞してしまいます。

 

腸の最大の機能は消化、吸収、そして排泄です。
これが滞りなく動かすのにキトサンはとても効果的です。

 

私の場合、酷い鬱の症状までは出て無かったのですが、腸の不調に悩まされてました。

 

そこで色々と検索しキトサンが効くとの情報を入手して、飲み始めました。

 

ですから、始めは腸と鬱との関係は知りませんでした。

 

ただ、私が購入しているキトサンのメーカーのホームページには
当初より鬱病に効果が有るように書かれてまして、何でキトサンと
鬱病なんだと思いながら購入してました。

 

最近になって、やっと腸の健康と鬱の関係が分かって来ました。

 

腸の健康を取り戻す為、たまたま購入したキトサンが結果的に
坐骨神経痛で落ち込む心の支えになっていたのかもしれません。

 

もし、何時終わるともしれない坐骨神経痛との戦いで
心が病みそうでしたら、こちらのキトサンをお勧めします。

 

少々お高いキトサンですが、私は10年来飲み続けてます。

 

それと不思議な事に、こちらのキトサンが高いので、薬局などに
売ってる安いキトサンを購入して飲んだのですが全然効果が有りませんでした。

 

なにも市販品を貶すつもりも無いのですが、何がこれほど違うのか
正直分かりません。

 

でも効果は実感出来ます。

 

私だけの実感かもしれませんが
検討する価値は充分に有ると思います。

 



痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。