坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

普段の生活を変えれば再発のリスクが減ります

普段の何気ない生活の中にも腰痛のリスクは多くあります。

 

睡眠、飲食、運動、などでの少しずつの負担の積み重ねが腰痛に影響してます。

 

小さな負担の積み重ねに気づくことが、腰痛の再発防止に繋がります。

 

 

 

人生の3分の1を占める睡眠。

睡眠の大切さは色々な方が異口同音に提唱しています。

 

睡眠は脳を休め、代謝を促進し、体を修復します。

 

本来は修復するべき睡眠中に、寝具によっては腰の負担を増してしまう場合があります。

 

身体に良くない寝具とは?

 

薄くて硬い布団。

 

柔らか過ぎてふかふかの布団。

 

この2点には注意が必要です。

 

薄くて硬い布団は自分の体の重みでお尻と腰が圧迫されて血流が悪くなってしまいます。

 

その結果朝起きた時、腰が重く痛く感じます。

 

柔らか過ぎてふかふかの布団は一見寝心地が良さそうですが、お尻が必要以上に沈み込んでしまい、

 

腰が反り返り椎間板内圧を高くしてしまいヘルニアの悪化に繋がります。

 

では、どんな寝具が良いのでしょうか?

 

その人の体形や年齢、性別によっても違いますが、なによりも自分自身の寝心地の良さと

 

朝起きた時の腰の軽さで判断して下さい。

 

少しでも、朝起きた時に腰に違和感があるようでしたら、寝具、敷き布団の変更をお勧めします。

食事と腰痛、肥満の関係。

食事が直接、腰痛に影響することは少ないですが、骨密度、筋肉の強さ、疲労回復に必要な

 

エネルギーの接種を考えれば食事が腰痛に及ぼす影響は大きいと言えます。

 

バランスの良い食事が当然必要ですが、特に補いたいのが、

 

カルシウム、タンパク質、ビタミンB群D群です。

 

カルシウムは骨密度を高める効果があります。

 

ただカルシウム単体では吸収されにくいのでビタミンD群を一緒に

 

摂取するようにして下さい。

 

タンパク質は筋肉や繊維を作る大切な栄養素です。

 

ビタミンB群は疲労回復や末梢神経の修復に効果があります。

 

もう1つ注意したいのが、食事過多による肥満です。

 

体重が増えれば腰にかかる負担も増加しますから、肥満と腰痛には因果関係があると言えます。

 

肥満の方の多くはお腹を突き出した状態になり易く背筋に過度の負担がかかるため、腰痛の原因に

 

なると言われてます。

 

バランスの良い食事を取りダイエットに努めることも腰痛の再発防止に役立ちます。

運動と腰痛の関係。

医療機関や整体などを受診すると、腹筋が弱いから腰痛になった、腹筋と背筋のバランスが悪くて

 

腰痛になった等。

 

色々言われる事が多いと思います。

 

はたして腹筋や背筋の弱さだけで腰痛になるのでしょうか?

 

もしそうなら、スポーツ選手のように腹筋、背筋を鍛えている人は腰痛にならないかというと、

 

必ずしもそうは言い切れません。

 

無理な腹筋運動をして腰痛を悪化させた人も多く居らっしゃいます。

 

「腹筋をして腰痛になる。」

 

普通は逆だと思いますよね?

 

それは、「間違った運動をすると腰痛になる」と言うことなんです。

 

運動をするなと言うことではありませんので間違わないでくださいね。

 

素人判断でなく、ちゃんとした指導のもとの運動は再発防止に効果があります。

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。