坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

医療は閉鎖社会で医療事故は表に出ない

医学が進歩した現在でも医療には必ずリスクが存在します。

 

それは手術だけに限らず、投薬や針などでも、後遺症、副作用、合併症の問題が起きてます。

 

医療事故が起きることも問題ですが、それが表に出にくい医療の現場にこそ問題があります。

 

米国での調査報告では、硬膜外ブロック注射において25%の施術が不適切な位置の注射であったと

 

報告されてます。

 

調査があった事自体稀有な例であるといえます。

 

どのような治療にもヒューマンエラーは起きるのだと言うことを頭に

 

おいて治療を受けてください。

 

万が一、治療中あるいは治療後に痺れや痛みなどの症状が出た

 

場合は速やかに医師や看護師に申し出てる事が大切です。

 

納得のいく対応でなかった場合は他の医療機関等に行き経緯を説明して適切な処置を受ける事を

 

お勧めします。

腰痛は安静にすると言う神話。

腰痛になった時に、多くの医療機関で言われる事は、「痛みが治まるまで安静にしていてください。」

 

ほとんどです。

 

はたして、安静が一番の対処法でしょうか?

 

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンと言う医学雑誌に報告された研究結果ですが。

 

急性腰痛の患者さん186名を次の3つのグループに無作為に割り付けて、その経過を追いました。

 

   2日間、安静に寝ている人

 

   ストレッチをしてもらう人

 

   耐えうる範囲で、日常生活を続けてもらう人

 

 

経過を見るタイミングは、開始時・3週間後・12週間後 の3回です。

 

 

その結果ほぼ同じ程度の腰痛からスタートしましたが、全ての時期において、最も回復が早かったのが

 

日常生活を続けてもらった人でした。

 

安静臥床が一番悪い結果になっていました。

 

この研究結果からも安静にして居るのが良い対処法とは言えず、

 

日常生活やストレッチをして生活する方が

 

より早い回復方だと言えます。

 

ただ、それは無理にでも日常生活を続けなさいと言うことでは

 

ありません。

 

痛みを我慢して生活するのではなく、痛みと上手く付き合いながら、

 

出来る範囲での日常生活やストレッチをすることが結果としてより早い腰痛の改善につながります。

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。