坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

痛みの原因は本当はよくわからない

非特異的腰痛の件でも申し上げた通り、肉体的な病変と痛みとの相関関係は完全には

 

解明されておりません。

 

近年、痛みの原因に対して新たな考え方が出てきました。

 

 

その1つは、化学物質の関与です。

 

髄核に含まれるTNF-α(腫瘍壊死因子)と言う化学物質です。

 

この物質は、炎症反応を活発化させるのに重要な役割を果たしている

 

ことが分かっています。

 

TNF-αの働きにより髄核周辺に炎症を生じさせて痛みを起こさせるという考え方です。

 

この考え方だと、髄核からTNF-αの漏出が納まれば炎症反応が沈静化され痛みがなくなります。

 

その時に椎間板ヘルニアが有っても腰痛が解消される事の辻褄が合います。

 

さらにヘルニアの大きさだけで痛みの尺度を考える必要がなくなります。

 

とても説得力のある考え方の1つです。

 

 

もう1つの考え方は、心理、社会的な影響(ストレス)によるもの。

 

そもそも人は痛みというものをどのように認識しているかと言うと、ある特定部位に異変がおきると

 

その情報は神経を通じて脳に伝わります。

 

脳はその情報を元に異常を痛みとして認識するわけです。

 

皆さんは胃痛や頭痛がストレスによって引き起こされていることはご存知だと思います。

 

腰痛も同じだと最近考えられてます。

 

最新の脳研究では、物質的痛みとストレスなどの心の痛みが同じ部位で反応しているとの報告が

 

あります。

 

慢性的にストレスを受け続けることにより脳内の情報伝達が正常に行われなくなり誤作動を起こし、

 

通常なら異変と認識しなくても良い情報まで異常と認識して痛みがでると考えられてます。

 

これまで原因不明と言われてきた多くの腰痛や日によって痛みの強弱が違うと言う事に明確な説明が

 

出来てませんでしたが痛みの原因が脳に有り精神的な問題が深く関わっていると考えると

 

多くの症状に説明がつくようになります。

 

 

 

 

侮れないフラシーボ効果。

フラシーボの語源はラテン語で「喜ばせる」と言う意味だそうです。

 

医療現場では薬理作用の無い「偽薬」のことで、乳糖や澱粉、

 

生理食塩水を使って作られます。

 

実際の医療現場では治療効果もあり、時には副作用まで

 

報告されてます。

 

フラシーボの最大の効果は暗示作用です。

 

ストレスにより痛みの伝達異常を起こしてる脳には、鎮痛を目的にした

 

フラシーボ薬は大変大きな役割を担うと考えられております。

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。