坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

外科療法

外科療法とは。

 

保存療法での改善のみられない方や、ヘルニアによる排尿困難などの緊急性を求められる

 

患者さんに検討される療法です。

 

 

後方髄核摘出術「LOVE法」

 

 

ヘルニアの手術としては最も一般的な手術で、現在も6〜7割が

 

この手法で手術されます。

 

傷口は数pほど切開します。

 

麻酔は全身麻酔をかけ、手術時間は1時間くらい、

 

入院は1〜3週間くらいです。

 

 

 

 

内視鏡下髄核摘出術「MED法」

 

 

内視鏡を使ってヘルニアを摘出する手術です。

 

麻酔は全身麻酔をかけ、手術時間は1時間くらい、入院は1〜2週間くらいです。

 

傷口が1.5pくらいで身体への負担が比較的少なく回復も早くなります。

 

 

 

 

顕微鏡下髄核摘出術「MD法」

 

 

マイクロ顕微鏡を使ってヘルニアを摘出する手術です。

 

麻酔は全身麻酔をかけ、手術時間は1時間くらい、入院は1〜2週間くらいです。

 

傷口が1.5〜3pくらいです。

 

 

 

脊椎固定術

 

 

摘出手術等では対処できなくなった場合に行われます。

 

麻酔は全身麻酔をかけ、骨盤等から骨を移植したり、金属金具を脊椎に取り付け、脊椎を元の位置に固定します。

 

手術後、脊椎がしっかりと安定するまで数ヶ月が必要です。

 

 

 

 

経皮的髄核減圧術「PLDD法」レーザー治療

 

 

保存療法と手術との中間的な療法で、「中間療法」と言われてます。

 

局部麻酔をして患部の背中側から針を刺し椎間板内の髄核にレーザーを照射し、随核を

 

蒸散させ、椎間板の内圧を下げて飛び出してしまった髄核を引き戻します。

 

照射時間は10分くらい、入院も必要なく日帰りが出来ます。

 

 

 

このように色々な手術の方法がありますが、いくら安全になったとは言えリスクは少なからず

 

あります。

 

それに、痛みの原因が全て解明されている訳でもありません。

 

患者さん中にも、少数ですが、ほとんど効果の無かった方や、痛みの種類が

 

変わっただけという人も確かにいらっしゃいました。

 

ただ、適切な手術を受けたほとんどの方が改善に向かわれてるのも事実です。

 

手術は最後の手段、と言うスタンスに立って、まずは保存療法から取り組んで頂き、

 

それでも症状が改善されない場合にのみ手術を考えて頂ければと思います。

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。