坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

神経ブロック療法

神経ブロック療法には硬膜外ブロック注射と神経根ブロック注射があります。

 

硬膜外ブロック注射とは。

 

脊髄をおおっている一番外にある硬膜の外側にある空間へ、

 

薄めた局所麻酔薬などの薬剤を注入し部分的に神経を麻痺させて

 

痛みを和らげる療法です。

 

 

痛みがある部位は、筋肉が収縮することで血管も収縮し神経への

 

酸素や栄養を与えにくくなります。

 

その結果、痛みを増強してしまうという悪循環を繰り返しています。

 

硬膜外ブロック注射は痛みを和らげることにより筋肉を解し血流を

 

改善させ弱っている神経へ酸素や栄養をあたえ神経が治るのを助けます。

 

 

神経根ブロック注射とは。

 

脊柱管から外にでた左右5〜6対の神経を神経根と言います。

 

痛みの発生してるその中の1本を特定して直接麻酔薬を注入する療法です。

 

整形外科の領域の中では最も痛みが強い注射と言われてます。

 

 

どちらの注射も一時的に神経を麻痺させてるだけですので、病気に対しての

 

根本的な治療ではありません。

 

効果の持続においても人それぞれです。

 

 

効果が懐疑的であるにも関わらず、副作用や合併症の危険は驚くほどあります。

 

吐き気、しびれ、脱力、排尿困難、失禁。

 

立眩み、けいれん、髄膜炎。

 

などの症状が報告されております。

 

 

飲み薬や座薬では痛みが抑えきれない場合の緊急避難的な療法と

 

認識してください。

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。