坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

漢方療法

このページでは、漢方薬の種類や効能を羅列するのではなく、漢方薬を飲む上での

 

の基本的な考え方。処方のされ方をお話します。

 

 

皆さんは漢方薬にどんなイメージもってますか?

 

 

効きが遅いので長く飲み続ける必要がある

 

副作用が無い。

 

 

こんなイメージではないでしょうか?

 

 

漢方薬は西洋医学の対処療法を目的とした薬とは根本的に違い。

 

身体のバランスを重視し、バランスが崩れた時に病が起きると考えられてます。

 

その観点から崩れたバランスを戻す事により自然治癒力を高め、結果として病気を治す

 

根治療法を目指す薬です。

 

 

確かに坐骨神経痛などで使う薬は長期的に飲む遅効性の薬ですが、それは生活習慣病である

 

坐骨神経痛にはバランスを戻すのに長い時間掛かりますし、未病の観点からも長く飲み

 

続ける必要があります。

 

即効性の有る薬も多数ありまして、こむら返りに効果の有る

 

芍薬甘草灯湯や解熱作用のある葛根湯などは、大変即効性の有る漢方薬です。

 

 

副作用が無いと思われているのは、西洋薬に比べて自然由来の生薬で出来ている為の

 

イメージが強いと思われます。

 

 

しかし自然界には猛毒を持つトリカブトなどの生薬は多数存在します。

 

ただ、漢方薬の概念に副作用が無いのも本当です。

 

トリカブトもちゃんと漢方薬に用いられてます。

 

毒をもって病を制する、万が一その薬により副作用が出た場合は誤治であると考えられ

 

てます。「誤治とは、医療ミス、診断ミス、処方ミスの事。」

 

治療の為に副作用が出てしまうのなら、副作用を出さないでも治療

 

が可能である。

 

と言う考え方に基づいてます。

 

 

このことから、漢方薬も飲み方によっては症状を悪化させたり

 

副作用が有るものだと思ってください。

 

素人判断だけで薬を決めるのは大変危険です。

 

 

漢方療法の基本は診断にあります。

 

 

証(あかし)といわれる、脈診、問診、触診などから導き出され病の状態を診断します。

 

そこから様々な生薬が組み合わされ患者さん一人一人に合った漢方薬が処方されるのが基本です。

 

 

今流行のオーダーメイド医療は漢方の世界では2000年も前から行われていたと言えます。

 

 

ただ、実際問題として、一人一人処方してもらうのは費用面でも大変ですし、今は色々な種類の

 

漢方薬が販売されてます。

 

漢方専門の薬局や病院に行き、詳しく病状を話して処方してもらうのが一番良いと思います。

 

 

私の場合。

 

発症から3ヶ月くらいたち、痛みもだいぶ治まった状態になりましたが、疝痛がまだ有り

 

ロルカムが手放せない状態でおりました。

 

人づてに聞いた漢方専門薬局に行き病状を詳しく話して、「麻杏よく甘湯」を処方してもらいました。

 

飲み始めて3週間くらいは何の変化もありませんでしたが、いつの間にか痛みを意識してない行動を

 

してる事に気づきました。

 

急激な回復では有りませんが、緩やかな寛解となり今も予防として飲み続けております。

 

 

 

 

 

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。