坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

薬物療法

薬物療法とは、急性期あるいは慢性期の痛みを緩和、解消させるための対処療法です。

 

一定期間痛みを軽減することにより、筋肉の緊張や血行障害を改善させます。

 

血行の促進により痛みの物質が生成蓄積されるのを防ぎます。

 

 

主に処方される医薬品。

 

ミオナール。

 

筋肉の運動中枢に働きかけて、神経の過度な興奮を鎮め、筋肉の痛み、こわばり、

 

緊張を解消させます。

 

 

ロイカム

腫れや痛みを和らげ、熱を下げる効果があります。

 

急性な腰痛には迅速な鎮痛効果があります。

 

 

ボルタレンサポ。

 

痛み、腫れ、炎症を鎮める座薬です。

 

 

モーラス(湿布薬)。

 

湿布薬として有名なインドメタシンと同じ効果の有る薬です。

 

 

等々が代表的な対象療法薬です。

 

どれも根本的な改善は出来ませんが、一時的にしろ痛みから解放されることにより、

 

精神的な安静の効果は絶大です。

 

 

その他、効果は限定的ですが対処薬でなく修復効果の有る薬は

 

メチコバール(メコバラミン)。です。

 

抹消神経の損傷を修復する作用があります。

 

主成分はビタミンB群の中のB12が主体です。

 

ただ、急性期における投与には、ほとんど効果は見らません。

 

緩和期あるいは慢性期の患者さんには顕著な効果が認められます。

 

私の場合の処方された薬は、ロイカム、ボルタレンサポ、胃薬、メチコバールを3か月です。

 

急性期なので、当然メチコバールは何の効果も無く。

 

急性期の痛みだったのでロイカムとボルタレン座薬を併用しても4時間我慢出来れば

 

良い方でした。

 

ただ、少しの時間でも痛みが和らぐ事はとても助かりました。

 

 

それと、個人的は意見かもしれませんが、飲み続けると汗と言うか、体臭が独特でキツク

 

なったように感じました。

 

 

 

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。