坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

理学療法

 

機能回復体操。

 

   急性期を過ぎて緩和期に入った患者さんが、そのまま安静を続けてしまうと、

 

   筋肉の衰えや同じ姿勢による血流の滞りが起きてしまいます。

 

   これを解消するために無理の無い範囲で痛みと向き合いながら、ストレッチなどの軽い運動を

 

   1日30分から1時間くらい行います。

 

   トレーニング方法には「機能改善トレーニング」などがあります。

 

 

電気刺激。

 

   整骨院などで多く用いられる低周波治療器。

 

   電気刺激により強制的に筋肉を動かして痛みにより収縮した筋肉を解して血管を拡張させて

 

   血流を改善させます。

 

   高周波治療器によるゲートコントロール理論。

 

   電気刺激により痛みを感じる神経以外の感覚を刺激することで、痛みを一時的に緩和する

 

   理論です。

 

   ただ、低周波、高周波どちらの治療法も継続的な改善にはならず。

 

   一時的な痛みの緩和や血行促進のみと言われてます。

 

 

温熱療法。

 

   主に低周波治療器などの治療の時に合わせて用いられます。

 

   血行促進や痛みを鎮めます。

 

 

温めた方が良いのか?  冷やした方がよいのか?

 

   疑問に思う方が多く居られます。

 

   実のところ科学的な根拠や結論は出ておりません。

 

   一概には言えませんが、炎症反応が起きている時のアイシングは炎症反応の進行を遅らせ

 

   る働きがみとめられます。

 

   逆に言えば炎症反応の無い状態のアイシングは血管を収縮させますので痛みの緩和には

 

   繋がらないことになります。

 

   このことから慢性の痛みには温めた方が良く、急性の痛みには冷やした方が良いと言えそう

 

   です。

 

 

牽引療法。

 

整形外科や接骨院などで、日常的に行われている治療です。

 

脊椎と脊椎を上下にひっぱり、腰椎の圧迫を軽減して筋肉の緊張緩和と腰痛の軽減を目的とします。

 

ただ、この療法も腰痛や坐骨神経痛に有効であると言う科学的な証明はされておりません。

 

無理に牽引して腰回りの筋肉を傷める危険がありますので、治療が気持ち良いと思えない場合は

 

他の治療法に変えられるのが良いと思います。

 

 

マッサージ。

 

整体院やカイロプラクティックなどによる徒手療法です。

 

こればかりは、全国に数が有りすぎまして、シッカリした所から怪しげな所まで千差万別です。

 

何を基準に選んだら良いか?

 

私の場合は。

 

口コミで評判の良い所と治療実績な豊富な所を選びました。

 

自分の身体を預けるわけですから安心できる治療院を選びましょう。

 

 

 

 

 

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。