坐骨神経痛 自宅で出来る治療と改善法

坐骨神経痛の悩みをたった3日で改善した方法は

「毎日の辛い坐骨神経痛の痛みから開放されたい」「自分の足で歩いて出掛けたい」

と、本気で思っているなら、独自のトレーニング方法をお勧めします。


15、000人以上の坐骨神経痛の患者さんが笑顔を取り戻したトレーニング法。


それは、独自の方法で確立した奇跡の「坐骨神経痛改善トレーニング」

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、さまざまな原因により坐骨神経の圧迫や炎症が起こり

 

坐骨神経が通る領域の太ももの後面、ふくらはぎ辺りに痛みや痺れ、知覚鈍麻、歩行障害

 

などが見られる症状です。

 

 

坐骨神経は、腰椎の4・5番目の神経と1〜3番目の仙骨の前面から出る神経の束が合わさった

 

人体の中で最も太くて長い末梢神経です。

 

太い所では小指ほどの太さがあり長さは1メートル程もあります。

 

これだけ太くて長いと坐骨神経のどの部位がどのように圧迫あるいは狭窄されたかにより

 

症状或いは障害の出る範囲はさまざまです。

 

坐骨神経は下肢の運動機関や皮膚感覚にも大切な働きをしているとても重要な神経です。

 

 

 

坐骨神経痛は病名でなく症状

坐骨神経痛とはそれ単体の病名ではなく坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるもの全体が

 

坐骨神経痛と呼ばれています。

 

その原因となる病変により坐骨神経の障害が起こるので、その病変を見極めて対処する

 

必要があります。

 

坐骨神経痛と因果関係が深いと思われる病気。

 

化膿性脊椎症

 

椎間板ヘルニア

 

脊椎管狭窄症

 

変性すべり症

 

脊椎分離症

 

梨状筋症候群

 

脊椎腫瘍

 

などがあります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は障害を受けた場所や範囲によってさまざまです。

 

ただ、ほとんどの場合脊椎周辺での障害が多いので、坐骨神経痛の特徴として、左右どちらか

 

のみの腰からお尻、下肢にわたり症状が出ます。

 

主な症状として

 

痛くて立つことや座ることが出来ない。

 

仰向けや横向きで寝ていても痺れや痛みが出る。

 

自分の意思ほどに足が上がらずに躓いてしまう。

 

などの症状があります。

 

 

 

痛みを忘れる日々の為に,新たな可能性。

痛みや痺れの辛さは、本人にしか分かりません、正確に人に伝える事が難しい苦しみです。

しかし、その苦しみを全て解決する万能な治療法はまだ存在してません。


医師のアドバイスや、整体、リハビリに理学療法などでも、目立った改善がみられず


出口の見えない苦痛から1日でも早く解放される為に見付けた


こちらの方法、(上田式)腰痛革命プログラムも 、とても興味深い治療法です。


このサイトでは詳しくレビューしておりませんが


治療の可能性の一つとしてご覧頂ければと思い紹介しました。